痛風になったら気をつけよう|健康的な毎日は食事がつくり上げる

中年の男性

ダイエットにも効果的

Female

最近よくインターネットなどで見かけるのがシースルーライトです。サプリメントで、ダイエットにも健康にも効果的に働いてくれる優れものです。とても人気がありますし、定期購入などもできるようになっていて、オススメです。

詳しくはこちら

血糖値対策のアプローチ

サプリ

糖尿病の血糖値対策のアプローチはいくつかありますが、そのどれが自分に合っているかを選定しやすいのがサプリメントのメリットです。その使用者が増えたことによって安全性と信頼性も理解されるようになっているのが特徴であり、成分の効果を比較するのも気軽に行えるようになっていることから人気があります。

詳しくはこちら

食べていい物、よくない物

和食

プリン体多いものは控える

痛風は、中高年がかかる病気というイメージが強いですが、近年では、20代から30代でも発症する方が増加傾向にあるといわれています。痛風は、関節周辺にたまってしまった尿酸を、体内にある白血球が異物として攻撃してしまうことで、炎症を起こし激痛となります。尿酸は、プリン体が増加してしまうことで、排泄処理が追いつかなくなると血液や関節の周囲に溜まっていってしまうため、食事の際には暴飲暴食をしないように心がけることが大切です。また、プリン体を多く含む食べ物、レバーや干物、魚卵などを食事で食べることは控えるといいでしょう。また、アルコールは尿酸を増やし、排泄処理能力を低下させることになるので、アルコールの過剰摂取も控えるといいでしょう。

積極的に摂取していいもの

痛風を予防するためには、食事でプリン体の多い食べ物をなるべく控えることも大切ですが、積極的に食事に取り入れるといい食べ物や飲み物もあります。痛風予防に積極的に摂取していいものは、水分です。水分を多く取ることで尿の量が増えます。尿の量が増えることにより、尿酸の排泄量も増えるので、水分は積極的に摂取するといいでしょう。ですが、ジュースやアルコールなどは尿酸を増やしてしまう原因にもなってしまうので、水やお茶などの糖分を含まない飲み物で水分補給するといいでしょう。食べ物では、野菜やキノコ、海藻などは、尿をアルカリ性にするといわれています。尿酸はアルカリ性の液体に溶け込みやすく、これらの食べ物を積極的にとることで尿酸の排出量を増やすのもいいでしょう。

足が冷えやすい場合には

婦人

女性に見受けられるのが冷え性です。これでは体の手や足先が冷えてしまいます。その原因として挙げると血液の流れが良くないからと言えます。そのため、栄養のバランスを考え、なおかつ適度な運動が必要となります。

詳しくはこちら